目的:臨床研究を実施する医師・歯科医師を対象に、質の高い研究計画書を作成し、確実に実行できる研究者を育成するための技術研修を含めた研修を実施します。

日時 平成29年12月3日(日)9:30~17:00  募集期間:平成29年10月2日(月)~平成29年10月31日(火)
会場
参加費 研修費用は無料(但し、研修に係る旅費交通費、宿泊費等については研修生負担となります)
定員 30名程度
対象  医療機関において臨床研究・治験に係る業務を行っており、今後とも継続して臨床研究・治験業務を遂行できる医師、歯科医師。特に、研究責任者として数回程度の経験を有する者、または、研究責任者は未経験だがこれまで研究分担者としての経験が複数回あり、今後研究責任者になろうと考えている者であって、今後は中心的に臨床研究・治験を行っていく立場である者。
 なお、本研修会は臨床研究中核病院にて開催されますが、臨床研究中核病院以外の医師、歯科医師を優先的に対象とします。
主催 国立がん研究センター東病院
日本医療研究開発機構 革新的医療技術創出拠点プロジェクト「医療技術実用化総合促進事業」
事業主任:大津 敦
共催
協賛
内容 9:30~ 9:45
  開会挨拶       大津 敦   国立がん研究センター東病院長
  オリエンテーション  事務局
9:45~10:15
  臨床試験総論     坪井 正博  国立がん研究センター東病院 呼吸器外科長
10:15~11:00
  体外診断薬(コンパニオン診断薬を含む)に関する規制要件・ガイドライン等
             矢花 直幸  医薬品医療機器総合機構 体外診断薬審査室
11:00~11:10
  休憩
11:10~11:55
  医療機器に関する規制要件・ガイドライン等
             桐山 瑶子  医薬品医療機器総合機構 医療機器審査第二部
11:55~12:40
  医薬品(抗悪性腫瘍薬を中心に)に関する規制要件・ガイドライン等
             鳩貝 健  医薬品医療機器総合機構 新薬審査第五部
12:40~13:30
  休憩
13:30~16:00
  演習         布施 望  国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門
  ・医薬品を用いた臨床試験のプロトコル作成
  ・医療機器を用いた臨床試験のプロトコル作成
16:00~16:45
  臨床試験に必要な生物統計学
             野村 尚吾  国立がん研究センター 研究支援センター生物統計部
16:45~17:00
  アンケート回答、閉会挨拶

医師養成標準カリキュラム(PECJCT作成)に準じた講義・演習による研修を行います。
なお、研修当日の講義・演習でカーバできない領域は、e-leaningを受講していただきます。
講義のタイトル等は、変更になる可能性があります。
全日程を受講した方に修了証書を交付します。

お問合わせ

国立がん研究センター東病院臨床研究支援部門 ( 担当:布施、福谷 )
TEL:04-7134-6854(直通)
Mail:study_sien_core@east.ncc.go.jp